スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大正野球娘。 第一話「男子がすなるという、あれ」

時は大正十四年、東邦星華高等女学院に通う洋食屋の娘、鈴川小梅は、ある日友人の小笠原晶子に突然、「一緒に野球をしていただきたいの!」と言われ、その勢いに押されて、野球がどんなものか良くわからないまま思わずうなずいてしまう。授業が終わった後、晶子はクラスのみんなに向かって、野球に参加してほしいと呼びかける。そのわけは、小笠原家のパーティーに出席していた朝香中学の岩崎という人物が関係していた。


公式サイトより


能登キターーー!!

いやあ、実は前期は能登分が足りなくて飢えていたんですよ。
能登さんがメインで出ているアニメ(「クイーンズブレイド」とか)は観てなかったし、「戦場のヴァルキュリア」のコーデリア姫でちょこっと声を聞いたくらいで。

で、この作品に出ているということも知らずに見始めたので、声を聞いた瞬間、嬉しさのあまり椅子からずり落ちそうになりました。
まあ、椅子からずり落ちそうになったってのはウソなんだけど。

個人的には、野球をやる女の子って結構好きなんですよね。
「野球狂の詩」の水原勇気とか、「時をかける少女」(アニメ)の紺野真琴とか。
現実世界でも、関西独立リーグの吉田えり選手が話題になりましたよね。

ただ、この作品はそういう「野球少女萌え」を狙っただけでなく、「野球は男がするもの」「女は女らしく」といった社会状況にたいして、野球をすることで一石を投じるという、当時の「大正デモクラシー」てきな思想を反映した物語として今後展開してくのではないかとかなんとか適当なこと言ってみた。
スポンサーサイト

テーマ : 大正野球娘。
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大正野球娘。

_(コミック)大正野球娘。(01)/伊藤伸平/神楽坂淳 【2009年02月20日発売予定】商品価格:590円レビュー平均:0.0 鳥ちゃんサブカルチャー [化物語]第1話放送後の2chでの感想 SECRET: 管理者にだけ表示を許可する. トラックバック. この記事のトラックバックURL h...

コメント

非公開コメント

プロフィール

みみーく

Author:みみーく
いままでに観たことのあるアニメ
好きな監督・声優

最近の記事+コメント
最新トラックバック
カテゴリ
GA (2)
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。