スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦場のヴァルキュリア 第十六章「語られなかった想い」

帝国軍司令部では、ファウゼンで戦死したグレゴールの敗戦を取り戻すべく、次の作戦準備を進めていた。庭園で語りあうマクシミリアンとセルベリア。彼女がマクシミリアンに抱く想いの一端が垣間見える。一方、第7小隊は皆の気持ちがすれ違い、ギクシャクとした雰囲気になっていた。中でも、ウェルキンとアリシアのよそよそしい態度を見兼ねたラルゴは、ウェルキンを呼び出す。そこでラルゴが語りだしたのは、不器用な男とその親友、そして二人の間にいた一人の女性についての、前の大戦の時の話だった…。


公式サイトより


ラルゴが自らの過去の恋愛話を、ウェルキンに聞かせていました。
ていうか、ラルゴの好きな人があの人だったとはwww
かなり驚きの展開です。

しかし、それでもなおウェルキンの態度が煮え切らなくてイラつく!
作戦に関しては飄々とすごいことをやってのけるのに、恋愛に関してはまったくダメなヤツ。
まあ、ウェルキンとファルディオを天秤にかけるような、アリシアの態度もどうかと思うけど。

それにしても、イサラはかわいいなあ。
桑島さんが声をやっているので、かわいさ3割増です。
スポンサーサイト

テーマ : 戦場のヴァルキュリア
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

みみーく

Author:みみーく
いままでに観たことのあるアニメ
好きな監督・声優

最近の記事+コメント
最新トラックバック
カテゴリ
GA (2)
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。