スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄のラインバレル 第21話

「狂気の翼」

冒頭、森次の過去の一端が明らかに。
これが山下くんに宛てた手紙の内容だったんでしょうか。
自らの信じる「正義」を誇示するあたり、ちょっと前の浩一にそっくり。

フラッグ内では、浩一をめぐって女子どもがキャッキャウフフやってます。
城崎とみうみうが浩一を脱がそうとしたり。
医者が出てくるかと思ったら、管理人さん(と惣一郎さん?)が出てきたり。
社長はホログラムになっても存在感あるなあ。

森次に呼び出されて富士の樹海へ来た山下くん。
森次の考えに納得できず、直接対決することになります。

ラインバレルに乗って山下くんを助けに行く浩一。
同時に、フラッグには桐山が攻撃を仕掛けます。やはり生きていたんですね。
しかし暴走しているようで、ついには自爆。

一方、富士の樹海では、山下くんがやられそうになっているところにラインバレルが到着。
次回、いよいよ浩一と森次の対決になりそうです。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 鉄のラインバレル 第21話 「狂気の翼」

鉄のラインバレル Vol.5 [DVD]クチコミを見る スフィアの起動を食い止めに向かう浩一たち。一方、別行動を取る山下は、手紙で指定された富士山麓・青木ヶ原樹海で、かつて特務室室長であった森次と再会する。「森次さんを終わらせる――」 そう言い残し、JUDAとの通信...

鉄のラインバレル第21話「狂気の翼」

 JUDAを裏切り久嵩と行動を共にする森次玲二。彼は幼き日に両親を失い、姉百合子だけが唯一の肉親で、共に生活していた。学生時代玲二は、自分の正義を体現すべく不良達と喧嘩に明け暮れていた。殴られても刺されても何も痛みを感じない特性が、天から与えられた才能...

鉄のラインバレル 第21話「狂気の翼」

アバンでいきなり森次の過去編。 浩一にあれこれ言っていたのもこれでうなずけました。 最初に出会ったのは社長じゃなくて加藤だったんですね。 シリアスな加藤側と対照的だったAパートのJUDA。 前半はお笑い要素たっぷりw 健康診断の名のもとに浩一を拉致...

コメント

非公開コメント

プロフィール

みみーく

Author:みみーく
いままでに観たことのあるアニメ
好きな監督・声優

最近の記事+コメント
最新トラックバック
カテゴリ
GA (2)
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。