スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦場のヴァルキュリア 第8章「紐解かれる歴史」

神殿の奥へと進んだ三人。ファルディオが目にしたのは、誰の目にも触れたことのない新しい碑文だった。そこへ現れたのは、なんと帝国軍ガリア方面侵攻部隊の総司令官であるマクシミリアンと、"蒼き魔女"の通り名を持つセルベリア。突然のことに、とっさにアリシアが銃を向け事態は一触即発となる。一方、外で三人の帰りを待つイサラとラマール。突然の大きな地響きに驚く間もなく、遺跡のそばに見たことのない巨大な戦車が現れる。次々と砲弾を浴びせられ、見る見るうちに崩れる遺跡。果たして中にいる三人は…。


公式サイトより


帝国軍の福山潤マクシミリアンの部下の女性・セルベリアは、滅んだはずのヴァルキュリア人の末裔だそうです。
銃弾を剣で切り落としたり、とんでもない能力を持っていますね。

崩れた遺跡に取り残されたアリシアとファルディオ、外から救出を試みるウェルキンたち。
どんな状況でもあきらめないウェルキンと、ウェルキンを信じるアリシア。
2人の関係は、発展しそうで発展しないなあ。
スポンサーサイト

テーマ : 戦場のヴァルキュリア
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

みみーく

Author:みみーく
いままでに観たことのあるアニメ
好きな監督・声優

最近の記事+コメント
最新トラックバック
カテゴリ
GA (2)
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。